スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅内閣 平均年齢59歳、政経塾出身者3人も(産経新聞)

 8日に発足した菅内閣は、前の鳩山由紀夫内閣から引き続き入閣した閣僚が12人で7割近くを占める。内閣の安定性と政策の継続性を重視した結果だといえる。初入閣した5人は、小沢一郎前民主党幹事長に距離を置く中堅・若手が多く「脱小沢」を印象づける狙いがある。ただ、国民的人気があり、事業仕分けで一躍名を上げた蓮舫氏を行政刷新担当相に登用するなど、間近に迫る参院選対策の印象もぬぐえない。

 平均年齢は、鳩山内閣(発足時)より1.7歳若返り、59.0歳。非自民連立政権の細川内閣(平成5年8月9日発足)の59.4歳とほぼ同じ。年代別に見ると最も多いのは60代で8人、50代、40代が4人だった。最年少は蓮舫氏の42歳、最高齢は亀井静香郵政改革・金融相の73歳。30代の入閣は鳩山内閣に引き続きいなかった。

 衆院出身閣僚を当選回数別にみると、中井洽(ひろし)国家公安委員長と亀井氏が最多で11回、最少は長妻昭厚生労働相の4回で鳩山内閣と変わらない。当選5、6回がそれぞれ4人ずつで最も多く、10回以上の閣僚は3人。平均当選回数は6.0回で鳩山内閣よりも1.2回下がった。

 参院からの入閣は4人。蓮舫氏は当選1回でのスピード入閣となった。民間からの登用は鳩山内閣に引き続きいなかった。

 女性閣僚は、再任となった千葉景子法相と蓮舫氏の2人。親などが国会議員だった「世襲議員」は中井氏の1人だけだった。

 党内のグループ別に見ると、鳩山内閣で入閣しなかった野田グループから野田佳彦氏が財務相に起用され、どのグループからもほぼ均等に起用された。連立を組む国民新党からは代表の亀井氏が再任された。

 出身大学別では、東大が最も多く6人(仙谷氏は中退)。続いて早大の3人、京大、慶大が2人ずつ。松下政経塾出身は、野田氏、前原誠司国土交通相、玄葉光一郎公務員制度改革担当相の3人だった。

【関連記事】
菅内閣、閣僚たちはこんな人
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
首相臨時代理1位は仙谷官房長官
菅首相「仙谷氏は付き合い長いが、煙たい存在」
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

パソコン予約に障害=東海道・山陽新幹線(時事通信)
W杯、日本は何位? 「優勝」4.2%、奇跡を期待(産経新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
口蹄疫対応「反省点ある」=参院で代表質問―菅首相(時事通信)
<日本振興銀>木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認(毎日新聞)
スポンサーサイト

首相動静(5月30日)(時事通信)

 午後5時23分、幸夫人とともに韓国から政府専用機で羽田空港着。同33分、同空港発。
 午後5時58分、公邸着。「社民党が連立離脱を決定したが」に「(左手を軽く上げ疲れた表情で)…」。
 午後5時59分から同7時50分まで、平野博文官房長官。
 31日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

菅首相「全員が参加できるような民主党を」 (産経新聞)
口蹄疫 獣医師、全国から応援 殺処分遅れ民間活用必要の指摘も(産経新聞)
県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
寒暖の差激しく、多雨=春の天候まとめ―気象庁(時事通信)
<岡田外相>イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)

「美しい地球、一緒に守ろう」=山崎さん、故郷でパレード―千葉(時事通信)

 一時帰国中の宇宙飛行士山崎直子さん(39)は22日、出身地の千葉県松戸市で開かれた歓迎パレードに参加するなど、久しぶりの故郷を楽しんだ。日本には25日まで滞在する予定。
 パレードの式典は午後2時すぎに開始。青い訓練服姿の山崎さんが「皆さんの応援のおかげで、無事に戻れました。宇宙から見る地球は想像以上に美しく、この地球を守るため、若い世代とも一緒に頑張りたい」とあいさつすると、拍手と歓声が響いた。
 松戸市によると、JR松戸駅前の沿道には約1万5000人の市民らが詰め掛けた。パレードで山崎さんは満面の笑みを浮かべ、手を振りながら歓声に応えていた。
 続いて、母校の市立第一中学校で開かれた帰還報告会では、後輩の生徒らが宇宙での生活について次々と質問。山崎さんは「宇宙食ではカレーライスがおいしかった」「無重力では、水の中を泳ぐみたいに体がふわっとした」などと話した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
大学衛星、順調に飛行=金星探査機もパドル展開

スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う―水戸(時事通信)
黄砂対策、年内にも会議…日中韓環境相会合(読売新聞)
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査―新潟県警(時事通信)
「子育て白書」待機児童解消などで数値目標(読売新聞)
豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)

小中生の携帯、閲覧制限3割つけず…「親は信頼」(読売新聞)

 日本PTA全国協議会は13日、「子どもとメディアに関する意識調査」の結果を公表した。

 昨年4月に有害サイト規制法が施行され、18歳未満の携帯電話にフィルタリング(閲覧制限)機能をつけることが電話会社に義務づけられたが、小中学生の3割が機能のない携帯電話を使っていることがわかった。

 調査は昨年末、全国の小学5年、中学2年とその親計9600人を対象に実施。携帯電話の所持率は小5が20%、中2は42%と前年度とほぼ同じだった。

 子供に持たせた携帯電話に閲覧制限の機能をつけていた親は、前年度から1年で13ポイント増えたものの70%にとどまり、28%が有害サイトを閲覧できる状態にあった(残る2%は無回答など)。

 子供の希望で機能を解除した親も4%いた。つけていない理由で最も多いのは、小中とも「子どもを信頼しているから」で、中2では6割近くを占めた。新規の購入では携帯電話会社が使用者を聞いた上で、閲覧制限機能をつけるが、法の施行以前に契約された電話は親が申し込みをしなければならない。

 同協議会は「普及を呼びかけてきたが、まだまだ率が低い。さらに啓発活動に取り組んでいく」としている。

逮捕から15年 オウム儀式やめぬ教団 はびこる「麻原彰晃」(産経新聞)
<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)
不当に低い人事評価で昇給遅れ、小学校教諭勝訴(読売新聞)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
<風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞)

前原、枝野両氏も「5月決着こだわらず」(読売新聞)

 前原沖縄相、枝野行政刷新相が9日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山首相が約束した5月決着にこだわる必要はないとする見解を相次いで表明した。

 仙谷国家戦略相も7日に同様の発言をしており、民主党の小沢幹事長と距離を置く3氏が同時期にそろって同じ見解を示したことには、「首相擁護」の立場を明確にして政局の主導権を握ろうとする狙いもありそうだ。

 前原氏はフジテレビの番組で、「5月31日ですべてが終わるのではない。時間をかけながら、合意を得るための努力を積み重ねていかないと(いけない)」と述べ、政府が移設先として検討している沖縄県や鹿児島県・徳之島などとの調整を5月末以降も続けざるを得ないという見通しを示した。移設の政府案に関しては「近々、首相が示すと思う。閣内で決定し、米国、(関係自治体など)地域にも説明する」と語った。関係閣僚会議は、10日にも開かれる見通しだ。

 枝野氏もさいたま市内で記者団に「すべて合意が得られるのがベストだが、そこまでいっていないからと、全部もう一回、机をひっくり返すという話ではない」と述べ、5月末に決着しなくても首相の退陣論にはつながらないとする考えを強調した。

 一方、社民党党首の福島消費者相はテレビ朝日の番組で、政府が沖縄県内での杭打ち桟橋方式による滑走路建設を検討していることについて、「杭打ち式もダメだ。地元の名護市長も反対している。できないことを米国にも言うべきだ」と語った。

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<児童ポルノ>遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に(毎日新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
「言うこと聞かずいらいら」8歳の長男殴る 栃木・足利で母親逮捕(産経新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。